磨き職人日記 (仮)  2012年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やってみよう 十字架編

最近スカルネタばっかで写真がぜ~~ぶドクロの写真になってきてそろそろ飽きてくるころだろうと思いまして、ここらでちょっとネタを変えますw

SANY2882_convert_20120626153857.jpg
今回のネタはこちら。 モールドを使って十字架を作ってみます。
用意するのはPMCのシルバークレイと十字架用のモールド。。。ようは型っすねw

SANY2887_convert_20120626154113.jpg
まずはクレイを取り出す前に下準備をします。モールドのクレイをはめ込むところですね、そこに固まったクレイが簡単に取り出せるようにワックスを塗ります。へばりつかないようにです。
他の方はオリーブオイルを塗ったりしてるみたいですが、ようは滑りよければなんでもいいのかもw
その気になればペペロ。。。(やめいっ!!w)

今回用意したのはクイッ○ルワイパーの取替シートw フロアにワックスかかるんならこれでもいけるだろと言うかんたんな発想w シートでクレイの当たるところをしっかり拭きとります。

下準備が終わったところで作業開始します。

やり方はいたって簡単。 まずは取り出したクレイを軽くこねながら丸くしていきます。この時大事なのはヒビ割れのないようにこねること。時間をかけてこねないことですね。
ヒビのある状態で固めて焼成をしてしまうと、そこから割れたりしますので気をつけましょう。
時間をかけてこねないのはですね、クレイは袋から取り出した時点から乾燥に入ります。モタモタしてると乾燥していきひび割れが生まれたりしますので、できるだけスピーディーに行います。
なのでここらの写真は一切ありませんw

SANY2883_convert_20120626153941.jpg
丸めたクレイを十字架のセンターに置いて延ばしていきます。 丸いままでも良いんですが、十字架の形に合わせてちょこっと四角っぽくしています。

SANY2884_convert_20120626154003.jpg
だいたい延ばしきったところで定規なんかを使って上から押さえつけます。この時の注意点は空気の塊をクレイの中に閉じ込めないことですね。 しっかり押し付けて空気を外に押し出す気持ちでやります。

クレイが固まったときに空気が中にあった場合、それは小型爆弾と化します>< 焼成の際に中の空気が熱で膨張して破裂を起こすんですね~ 依然起こったときは、パチンッという音とともに埋め込んでた合成石がBB弾のように弾け飛んだことがありました。 大変危険なので空気抜きはしっかり行うのが望ましいです。

SANY2885_convert_20120626154028.jpg
表面が平らになったらすぐ行うこと。 それははみ出たクレイを回収することです。もったいないでしょ?w
はみ出た部分を切り取って軽く水滴をつけて丸めて製品の袋に入れときます。これで他の作品に使えますよ^^

この状態で半日乾かします。

SANY2886_convert_20120626154051.jpg
半日後 彫刻刀なんかで4点を突いてやるとパコっと外れます。乾いてないようだったら外れにくいので、その時はもう少し乾燥させてみましょう。

この状態で十字架の原型が完成となります。あとはそれぞれが思い思いの作品を作り上げていってくださいw


番外編
ここからはちょっとした番外編になります。
このモールドって正直薄いんですよね~ww 実質2mmあるかないかくらいなんですよ。
上の完成品だけだと薄くて彫刻できない為、自分の作品としては扱いにくいのです。

なので番外編として、彫刻できる十字架作ります。

もうだいたい察しがつくとは思いますが、、そうそう2枚作ってね、貼り付けてね、、あ~もう分かってらっしゃるわ~w

SANY2888_convert_20120626154134.jpg
そ~です、同じ物を2枚作ります。後は重ねるだけなんですが、間に溶かした粘土、ペーストクレイを使います。
市販で売ってますがこれまたやたら高い>< 3600円くらいしますので、自作します。削りカスを粉にして水で溶くと。。

DSC_0137_convert_20110902170903.jpg
こんなのができますので、できるだけベトベトの状態で塗ってやります。サンドイッチにして上から適度に重いものを乗っけて乾燥させます。

SANY2889_convert_20120626154154.jpg
乾燥させた状態がこちら。側面に隙間があればそちらにもペーストを塗ってさらに乾燥させて出来上がりになります。

これだけ厚みがあれば十分彫り込みもできます。 
この方法で、、、

SANY1176_convert_20110621153404.jpg
こういう作品が出来上がります^^
モールドもけっこういい値しますが、ほぼ一生物、さらに増産もできますのでやってみたらどうでしょ?
というネタでした。(ながっw)


今回使ったシルバークレイ 

十字架×1につき約5g 
十字架2枚作った場合、約10gの計算になります。(若干誤差があります。)


良かったらクリックお願いします

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ
にほんブログ村

こちらもお願いします

スポンサーサイト

リング取付

1340494357593_convert_20120624083719.jpg
リングの腕を装着させました♪

この段階ではかなりゴッツイ状態であります。量ってはないですが、重量もかなりのものになってます。
これから造形で削っていくので最初はこんな感じから始めていきます。

1340494367335_convert_20120624083756.jpg
現在腕のデザインを考えています。ちなみにこれはボツのデザインw 
デザインを考えるの苦手なんですよね~^^; 身に付けてて痛くならない事、重くならないこと、かっこよさ、これらを全部ひっくるめたデザインを考えていくとなかなか思い浮かびません^^;
まぁ、、これが楽しくもあるのですがw じっくり考えていきますかね。。。


良かったらクリックお願いします

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ
にほんブログ村

こちらもお願いします

ドタマカチ割

DSC_0083_convert_20120618082603.jpg
前回ここまで出来てたスカル君ですね

DSC_0087_convert_20120620173521.jpg
現在こうなっておりますw

DSC_0088_convert_20120620173608.jpg
ま~今回も見事に頭に大穴開けられておりますわw

目玉は紫色の合成石を入れてます。移植後まもなくの写真なのでちょっと分かりにくいですね^^;

ここらで気が付いた方もいらっしゃるかもですが、こやつまた顎が外れよりました><
もう顎を太くして強度を保ったとかいうこと事態が無意味な発想だったみたいです。

修復ついでに原型よりももっとがぱっと口を開かせてみました。
もうこれだけ同じミスを繰り返すとですね~ 挫折とか心が折れるとかいう思考は一切なくなりますよw
壊れたら即座に無心で修復しますw

今からリングの取付に入りますが、あと何回壊れていくんでしょうね~w

良かったらクリックお願いします

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ
にほんブログ村

こちらもお願いします


スカル 原型完成

DSC_0083_convert_20120618082603.jpg
ど~~~~にかここまでたどり着くことができました♪
何度つまずいても折れても粘れば出来上がるもんですね~w まぁ、折れやすいのでこれからが問題なんですけどね^^; 今回リニューアル版として作っていますが、壊れた前作に改良を加えています。
改良箇所としては、ものすごく折れやすかった牙と顎を太くして折れにくくしてみました。

ほんとははデザインを変えたくはなかったんですが、クレイに限界を感じてこのような状態になりましたが、だんだんこっちのほうが気に入ってきたりしてw

アリと人間を足して2で割るとこんな顔かな~ってな顔ですね。。。

DSC_0084_convert_20120618082630.jpg
さらに整形を進めていってます。
ドクロらしからぬ歯茎ができました。 歯茎なんてつける予定なかったよな~

無計画のまま作業を進めてさらに人間離れしていくスカル4号でしたw


良かったらクリックお願いします

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ
にほんブログ村

こちらもお願いします






スカル君 4号

DSC_0080_convert_20120612162448.jpg
スカル君3号が大破してからまもなく4号をここまで作っています。

今度は鼻から下をフルスクラッチで作ろうとしてますが、な~~んか、ドクロじゃないんですよね~
形にしても、牙にしても^^; 
スクラッチでやると自由度の度がなくなるほど自由なんですよね~ だからだんだん大胆に作ろうとして結局失敗になってしまいそうです。
まぁ、スクラッチ作品ははじめてなのでこのままもう少し作業を続けてみますかね~

良かったらクリックお願いします

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ
にほんブログ村

こちらもお願いします

スカル君 大破

SANY2756_convert_20120529165528.jpg
ちょっと久々になっちゃいましたスカル君ですね~
仕事もパタパタと忙しくなって趣味に没頭できる時間も少なくなってきたんで焦ってたんでしょうね~

SANY2800_convert_20120608165409.jpg
木製の心棒に差し込んで整形して一日乾燥させて引き抜いたところ、ど~~も心棒にクレイが固着してたみたいで顎から頬骨にかけて砕けちゃいました><
ヒビに合わせてペーストで修復を試みましたが、こうなるともう手に負えません^^;
顎も細くて修復できそうにないのでここらで永眠させます><
結局神経をすり減らしただけに終わりました~

DSC_0077_convert_20120608165532.jpg
前も書いたと思いますが、失敗した作品をこうやってすりつぶす時が一番つらいっすね^^;
だけどお蔵入りさせるにはもったいないのでゴリゴリします。さよならスカル君そしてありがとうw

DSC_0078_convert_20120608165552.jpg
リングはいまだ健在なのでこのまま保管します。使える部分は使います。作るの結構面どいのでw

DSC_0079_convert_20120608165614.jpg
           何度でも蘇るさ!!(どこかで聞いたセリフだね^^;)                  と、まぁ、、また新たにスカル君4号機がさっさと復活w
また頑張りますかね~

良かったらクリックお願いします

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ
にほんブログ村

こちらもお願いします

やってみよう! アクリル編

新しいカテゴリー やってみよう!の第三弾やりま~す。

今回はアクリル編ってことで、アクリルの磨きをしてみます。
(やたらと同じ画像ばっか出しますが、ご了承ください、、、だって変化ないんですもん^^;)

アクリルの加工ってあまりしないと思います。。。が、もしアクリルと固まったレジンが同じ磨き方ならレジン扱ってる方必見かな?オリジナルの磨き方なんで、そ~でもないかな?^^;

SANY2803_convert_20120605143738.jpg
今回磨くのがこちらになります。 綺麗なものを磨いてもしゃ~ないってことで適当にガッサガサのボッコボコにしてみました。(だいじょうぶか?おい^^;)

SANY2806_convert_20120605154134.jpg
確認の為に1度水に沈めます。特に必要はないんですが、この状態を覚えておいてください。 最後の方でこの水に沈めたアクリルの塊を消してみせますw
(besuoさん、この前言ってたやつです^^)

SANY2804_convert_20120605143805.jpg
さ~て今から地獄のシャカシャカ作業が始まりますw まずはサンドペーパーの400番!
ざっと磨いた状態です。まだムラがあるのわかります?なので、まだまだです。全体が同じ白になるくらいまで削ります。 削る方向はここではグルグル回すように動かします。

SANY2805_convert_20120605154105.jpg
ある程度削ったら次は600番で削ります。 このあたりの作業はまだまだ磨く言うより削るという表現が正しいですねw

SANY2807_convert_20120605154209.jpg
磨いた後はこんな感じ。 白い筋があるの分かりますか?これはまだ深い傷がある証拠です。
一つ前の工程、、、つまり400番に戻って削り直しましょう。
600番で磨くよりも、前の番手に戻って削りなおしたほうが傷が早く消えます。が、厚みの関係ある作品は気をつけてくださいね。 
繰り返して白い筋が目立たなくなったら800番→1000番→1500番に進みます。
今回1000番が欠品だったために800番から強引に1500番に進んでおります^^;

そうそう、側面ですね。。。

SANY2810_convert_20120605154452.jpg
本来は、、、ってか昔はヤスリでやってましたw 時間かかりそうなので、卓上グラインダーでギュィィィンっとね^^ 平らになったところで側面も同じくペーパーサンドの工程で削ります。

SANY2813_convert_20120605154625.jpg
作業後こんな感じになります。
ここからは傷、凹みなんかは目視しにくくなりますので、指先で確認します。指先でも引っかからない極小の傷でも、触っていくうちに削り粉が傷に入り込んだりと、突如傷が目に見えてきたりします。(白い筋の事ッス)
写真で分かりにくいですが、この状態でも傷があるんです。 ここの工程ではこういう傷をしっかり落としていきます。なので、前の工程に戻りま~~す(ひぃぃぃ><)

SANY2814_convert_20120605154655.jpg
この段階では傷も微小な為、使うペーパーは1500番を使います。
あまり番手を下げるのは良くないです。新たに傷をつけることになります。 
最後の番手が1500番なら1500番を使うこと。 2000番を使うなら2000番を使います。
削る方向は縦10回削ったら今度は横10回、次に斜め10回、逆斜め10回というように、全体的に均一に削るようにします。方減りしないようにと言うことなのかな?w

SANY2812_convert_20120605154557.jpg
耐水ペーパーだから水使えば?って思われそうなので説明しときます。
水付けた場合がこちら、傷分からないでしょ?w 水分邪魔なんですw
少し削っては指で粉を払って確認しますので、めんどくさくなります。

SANY2816_convert_20120605154759.jpg
削り終わったら次はラプロス(極細密研磨下処理用耐水クロス)と言うもので磨きます。難しいモンもってきたな~って思われそうですが、ホビーショップなんかで普通に売ってますw

番手は今回、4800番→8000番の順番で磨いてます。(これしかありませんでした^^;)
ラプロスに関しては水研ぎしてます。傷はもう分からないはずなのでw

SANY2815_convert_20120605154721.jpg
え~~~っと、、、写真これだったかな、、、もうわかんなくなってきた^^;
だいぶ透明度が出てきたかと思いますがまだまだですw

SANY2743_convert_20120525173928.jpg
ここからお決まりの3種のコンパパウンド使って磨きます。
昔はティッシュにコンパウンドつけて腱鞘炎になるまでゴシゴシしてたんですけど、今はリューターっすね。
ここからは劇的に変わっていきます。

SANY2824_convert_20120605155231.jpg
3種目 極細コンパウンドまでいくとこの辺りまでの透明度になります。

SANY2819_convert_20120605154928.jpg
3種のコンパウンドが終わったら次はアクリル用の研磨剤、これもコンパウンドだと思うのですが、これを塗りつけてリューターで磨き上げます。

SANY2822_convert_20120605155133.jpg
終わったらこんな感じ。 これじゃまだまだ傷が目に見えます。(ちょっとボケボケでわからないかも^^;)

SANY2822_convert_20120605155133.jpg
だいぶクリアにはなってきてるんですが、傷が目立ってしまっては作品にはなりませんので、この段階ではまだまだ完成とはしません。 自己目標は水晶のように!ですからね^^

ということで、ここからまたコンパウンド3種+アクリル用研磨剤の工程を繰り返します。
今回は3度繰り返し行いました。

SANY2825_convert_20120605155256.jpg
最後はリューターじゃなくてティッシュと自分の指で磨き上げます。
最終仕上げは今も昔も手作業でやってますよ。 ここだけは自分の目と指の感覚で確認しながらやってます。
なんかかっこいい事言ってますが、そんなたいしたことないかもです^^;

そして一つの作品?が完成しましたw(ただのアクリル板じゃん!w)

SANY2837_convert_20120606212405.jpg
どんなもんでしょ? 目で見る限り傷0の仕上がりになってます。

SANY2835_convert_20120606212424.jpg
側面もこんな感じでビッカビカに仕上げとります。綺麗なもんでしょ?^^

SANY2839_convert_20120606212348.jpg
別の角度からもう一枚。 黒い縦筋は下の面の角の陰っすね~ 傷ちゃいますよ?w

SANY2832_convert_20120605155427.jpg
最初に言ってたやつですが、水の中のアクリル作品ですが、影が出来てしまうので完全には消すことは出来ませんね^^; だけど傷なく磨けたものは、水に入れた氷のようになるのは間違いないと思いますw

SANY2840_convert_20120606212333.jpg
今回アクリルの磨きを重点にえらそうに説明してみましたが、自分自身まだ極めた状態でもないんですよね^^;
たしかに綺麗に磨くことはできるんですが、直角に磨くということはできていません。

磨きの段階でど~しても角が丸みが出てしまうんです。これはシルバーでも同じことなんですが、ど~~も苦手みたいですね^^; シルバーと共に今後の課題になるかもですね~(角ばったものを作らなきゃいいのか?w)

良かったらクリックお願いします

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ
にほんブログ村

こちらもお願いします

プロフィール

クリボー

Author:クリボー
自称 磨き職人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。